080-8742-4914

ブログ

2020/07/19(日)

ぎっくり腰が癖を治す全身ストレッチの必要性!!根本改善には必須です!!

カテゴリー:ぎっくり腰

 

こんにちは!
浜松市で慢性腰痛専門整体院 松華-SYOUKA-院長の平尾です

 

 

本日はぎっくり腰が癖になっている方にやっていただきたいセルフケアの方法をお伝えします!!

 

 

なぜこの方法をお伝えするのかというと

実はぎっくり腰は癖になるとか繰り返すと思っている方が多いからです!!!

 

 

え?そうゆうものじゃないの?

と思う方が多いかと思いますが、はっきり言います!!

【違います】

 

ぎっくり腰は根本改善できます!

 

 

なぜ繰り返すのか??

 

繰り返す人はこうゆう人です

・腰の治療しかしていない。してもらっていない

・数日から数週間安静にして治した

・生活スタイルが変わっていない

 

 

このような方は間違いなく繰り返します

その理由はこちらのブログに記載しています!
気になる方はこちらもご覧ください

手を伸ばした時の急激な腰痛は実はぎっくり腰!!

 

 

このブログでもぎっくり腰についてさらっと伝えておきますね

 

 

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰とは正式には【急性腰痛症】と言い、字の通り急に起こった腰痛のことすべてを指します
欧米ではその急激的な激痛を【魔女の一撃】と表現します

wikipediaより

 

 

この中で一般的にぎっくり腰言われるものは、くしゃみや物を持つ、物を拾う、手を伸ばす、起き上がる、立ち上がる、前かがみになる、ひねる、振り返るなどの動作を引き金にして起こる事が多いです

 

そして一般的には再発するとされています
再発防止のために筋力をつけたり柔軟性をあげるように指導が入ります

 

 

ぎっくり腰の原因

これを一言で表すならば【全身の疲労】

全身の疲労が溜まりに溜まりそれをすべて腰がかばっていた!!!

 

 

その腰すらもかばいきれなくなった時にぎっくり腰は起こります

 

 

問題となるのは3つ

①身体の外側の問題

②身体の内側の問題

③精神的な問題

になります

 

 

 

ぎっくり腰の対象方法!①身体の外側の問題解決!理論編

3つの大きな問題がありますが、今回はその中の
①身体の外側の問題について解説していきます

 

筋疲労が溜まる負のループ

ぎっくり腰は全身の疲労が溜まる事で発症する

 

 

つまり筋肉に疲労が溜まる事です

筋肉に疲労がたまるとどうなるのか??

 

激しい運動をした後のイメージですね

怠くなったり、力が入りにくくなったり、重くなったり、遅くなったり、痛みを伴ったり・・・   

いいものではないですね

 

れら全てが疲労が溜まりやすくなる負のループを形成しています

 

 

ではこれらを防ぐためにはどうしたらいいのか??

 

筋疲労の負のループから抜け出す方法

 

答えは効率よく動く!!

ということになります

効率よく=連動して動く!!

 

例えば立った姿勢から、左に振り返るとします

その時に足や体幹、肩周り、首が全て左に回ってくれる!

これが正しい動き方です

 

 

ぎっくり腰の方はどうなるのかと言うと

足や肩周りが回らなかったり、下手すると右回りに力が入ったりします

 

ウソだーー!!

と思うかも知れませんがこれは事実です!!

なぜこのような動きをするのかと言うとバランスを取ろうとするからです

 

 

全ての関節が左に回ってしまうと倒れてしまうので、倒れないようにバランスを取ろうとする結果で起こります

非常に非効率的なバランスの取り方をしています

 

ぎっくり腰の人が非効率的にバランスを取る理由

なぜこのようなバランスの取り方をするのかと言うと

 

一つは筋力がないから!

二つ目は筋肉が硬いから
柔軟性の低下ですね

三つ目は脳からの指令(無意識)によるものです

 

 

だから筋トレとストレッチが大事なんだよ!!!

なんて、ありきたりな話をするつもりはありません

それだけでは根本改善にはなりません

 

 

ぎっくり腰を引き起こす本当の原因

今あげたものは真実なんですが

これをさらに掘り下げて、これらの筋力の低下や筋力の柔軟性低下を引き起こしている原因を追求する必要があります

この問題が起こる本当の原因は姿勢の悪さです

 

実際に3つのパターンでそれぞれの動きやすさを体感してみてください

①猫背になりながら、身体をひねる

②適度背筋を伸ばし、適度に胸を張った綺麗な姿勢でひねる

③最後は思いっきり腰が反るくらいまで背筋を伸ばしてひねる

 

 

それぞれで動かせる範囲が違うのがわかるかと思います

つまりぎっくり腰の改善には姿勢を変える必要があるんです

 

 

キーポイントになるのが猫背と反り腰

 

 

この二つは圧倒的にぎっくり腰になるリスクが高いです

当然、猫背と反り腰を改善させていない方は再発リスクも高くなります

ぎっくり腰について詳しく書かれているのはこちら

手を伸ばした時の急激な腰痛は実はぎっくり腰!!

 

この二つのキーポイントの改善に必要なことは股関節と肩甲骨の柔軟性です

本来腰というのはあまり動く関節ではありません

しかし股関節の動きが悪くなると腰がその動きを代償します

 

 

 

同じように、肩甲骨も猫背になると正常な位置よりも外側(腕側)に引っ張られ、肋骨に張り付いて動きが悪くなります

 

 

 

これらの動きを改善することで①身体の外側の問題は解決されます

それでは実際にやる方法を見ていきましょう

 

 

ぎっくり腰の対象方法!①身体の外側の問題解決!実践編

ここからは実践編です

キーポイントとなる股関節と肩甲骨の動きを獲得するための方法をお伝えしていきます

 

股関節編

股関節はヒトの重心に最も近い関節であり、大きな筋肉がついている部位になるので

全身への影響力も大きな関節です

ここが正しく動かなくなるといろいろな関節が代償しなければいけなくなります

 

ではこの股関節ですが、正しく動くためには骨盤を起こせるようになる必要があります

まずは股関節を意識して骨盤を起こしてみて下さい

 

※腰が反ってはいけません!
腰を動かそうとすると反り腰になります!

 

まずはこれが出来るのか出来ないのかが重要です

出来るよ!と言う方は、そのまましばらく保持してください

これがキツくない方は、この動きを繰り返し、体に馴染ませてください

繰り返し反復運動をする事で脳の命令系統が変わりますので、無意識に股関節を使った運動が出来る様になります

 

 

もしこれが、出来ない!キツイ!と言う方は
筋肉の硬さが原因なので自分でストレッチをする必要があります

 

股関節のストレッチ

やるのは全部で5つです

それぞれを30秒ずつ左右両方やるようにしてください

①ももの前側

ももの前側のストレッチ

 

②ももの外側

ももの外側のストレッチ

 

③お尻の全体

お尻のストレッチ

 

④ももからお尻の外側

身体の外側を一気にストレッチ

 

⑤お腹のストレッチ

お腹のストレッチ

ストレッチで柔軟性を出したら、骨盤を立てるトレーニングを実施しましょう

 

肩甲骨編

肩甲骨は猫背になることで外側に引っ張られます

なので肩甲骨の内側(背骨側)は常に引っ張られており、外側(腕側)の筋肉は柔軟性が低下します

なのでアプローチが必要なのは脇付近の筋肉になります

 

特に肩甲骨を回してボキボキ言う方は入念なケアが必要です

場合によっては肩甲骨はがしが必要になります

 

肩甲骨に対して行っていただきたいのは全部で4つです

①わきの前側

わきの前側のエクササイズ

 

②わきの後ろ側

わきの後ろ側のストレッチ

 

③腕の後ろ側

腕の後ろ側のストレッチ

 

④脇の真ん中(奥)

わきの中央部のストレッチ!(痛いけど効果抜群!)

 

これにより肩甲骨の動きはかなり改善されていきます

 

 

本気で根本改善したい方は

整体院松華-SYOUKA-は元理学療法士の院長と管理栄養士がおります

 

院長は心理学や脳科学を学んでおり

 

ぎっくり腰の問題となる

 

①身体の外側の問題
②身体の内側の問題
③考え方の問題

 

全てを解決することが出来ます

今回はその中でも①の身体の外側の問題に対しお伝えしてきました

今回お伝えしたものだけでもかなり効果が見られるはずですので是非試してみてください

 

また自分では出来ない、続けられない、力加減がわからないと言う方は一度当院にお越しください

指導も含めて対応させていただきます

どんな些細な相談でも構いませんので悩みがある場合はご連絡いただけたらと思います

 

これまでの経験上

ぎっくり腰初日に来院された場合
歩いて帰る事が可能となります

 

3回目来院時
うつ伏せが取れるようになります

 

6回〜10回来院時
根本改善

 

となります

 

過去にぎっくり腰の経験がある方は
今症状がなかったとしてもいずれ必ず再発しますので、今のうちに根本改善にさせておいた方が良いです

 

間違いなく痛みも少なく、時間もかからず、お金もかからず根本改善が出来ます

 

腰痛に関するお悩みは整体院松華-SYOUKA-にご相談ください

 

 

 

ご予約は今すぐお電話で

080-8742-4914

【受付時間】8:30〜22:00(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は8:30〜22:00までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。

 

  • PAGETOP